EVE ONLINE Aurora Ominae

EVE ONLINEのスーパーマルチプレイヤーを目指すblogです。

EVE ONLINE

Stainwagon vs N3 Coalition in GE-8JV

ge-8 battle


私達が参加しているStain Wagon VS N3の戦闘が始まりました。

Solar Fleet、Black LegionがBlueになり、CFCのRazorもBlueになっています。Nullsecの政治状況も大分混迷を極めてきました。正直Solar Fleetは私達StainWagonのメンバーであるDarkness of Despairと確執があり同じロシア人同士ながら絶対に組まないと思っていたので、今回の同盟は意外でした。

11月に入ってすぐに私達のホームステーションであるGE-8JVがN3から攻撃をうけてI-HUBとステーションがRFモードになり、とうとう始まったか、といった感じでStainWagonの全メンバーが集結、TItan前で待機中にN3側がDropしてきた状況で派手な戦闘が始まりました。私のFleetは一番最初に現場にかけつけたので結構大変なことになってました。最終的には3000人規模の戦闘となり、私が参加した中では過去最高の戦場規模でAAAに参加した甲斐がありました。

個人的には何度かEVEの歴史的な戦闘に参加したことがあるのですが、流石にこの規模となると例のAsakaiでの事故か今年のTest VS Goon位しか知りません、最初から90%程度の遅延が発生していて、4-5時間程度戦っていたんですが、最終的には防衛に成功した状況です。

ちなみにこのGE-8JV戦の後N3側のStagingステーションを逆にRFにしました、やられたらやり返す当たり流石だなあと感じます。



 関連記事
http://evenews24.com/2013/11/02/live-big-fight-about-to-go-down-between-stainwagon-and-n3/

http://themittani.com/news/breaking-massive-fight-ge-8jv-ongoing 


このGE-8JVの戦闘でも生き残った私のtenguですが先ほど沈みましたw この動画の30秒あたりなんですが50機あたりのMaelstromから撃たれて蒸発・・・Need Shield出したけど1 volleyが重い・・・久々に戦闘開始直後にあの世逝きです。15戦くらい生き残ったのでもっと行けるかと思ったんですが甘かった。

82 Ships killed (14.4B ISK) 35 Ships lost (8.86B ISK) 61.9% Efficiency (ISK)

Friendly (114) VS Hostile (195)

http://eve-kill.net/?a=kill_related&kll_id=20342497
 


今後もStainWagonとN3の動向から目が離せません、面白いレポートがかけたらいいなと思ってます。

Railgun Tengu Fit

tengu
Medium Railgunの強化につき、ここ最近のPVPではRailgunを積んだ船が実戦でみかけられるようになりました。今まではT2 Medium Railgunなんて取る意味あるの?ないよね?と言われるばかりのカスmodでしたがやっと日の目をみることになりました。

最近の流行りはHACのDeimosやEagleにRailgunを積むFitが人気です。Lowsecでは単距離で打ち合うことが多いのでBlaster主体は変わらないですが、Nullsecの場合はバブルがあるので中距離~長距離での戦闘が多くなります。

ずいぶんと長い間ほこりをかぶっていた船達がやっと実戦で活躍する日がこようとは・・・CCPの変更はイマイチだと思うような仕様変更もありますが(Tracking EnhancerのNerfとか)概ね良い変更が多いです。

Medium RailgunとMedium Artilleryのbuffに伴い、大きく戦術が変わった船としてT3 shipがより強力になりました、先日の記事の動画でも紹介しましたが、既に大手アライアンスの主力T3 Fleetは装備を換装しています。


私達のStainWagonコアリションはTenguを新たなドクトリンに追加しました、今回、私もTenguで出撃することが出来たので使ってみたいくつか感想を。

◆思ったより電気が厳しい、常にハードナーとABとタレットを撃ち続けると電池が厳しい印象です。戦闘が長引くとCapactor管理に気を使わないと電池が切れてハードナーが止まるどころか弾が打てなくなります。私は戦闘中にハードナーをオフにしたり して気を使ってます。

 
◆射程が短いのと火力が低い、Rokhの射程が110㎞くらいあったので、 90㎞近辺のレンジだと短く感じます。火力も高くなったとは言え、小さいダメージが大量に相手にはいるのでRokhに比べて相手が沈むのが遅い印象 DPSは500超えてるんですけどね。


◆小回りが効く、固い、弾当たらない。AB Fitなので弾が当たりにくいです、私は薬も併用しているのでかなりしぶとい印象、3回ほどPrimary TargetをもらいましたがハードナーとAB Heatで無事生還。

◆値段はやや高め?大体私のFitだと450m位になるみたいです。まあそれで戦闘に勝てるなら安いもんです

◆船が沈むとスキルが下がる、まあこれはしょうがないよね4-5日我慢すればいいってことで・・・もうあげるスキルも無いし

 一戦目 Fun PVP  -A- VS Razor
25 Ships killed (2.6B ISK) 16 Ships lost (0.91B ISK) 74.05% Efficiency (ISK)
http://runs.eve-kill.net/?a=kill_related&kll_id=19996400

Zealotが固くてLogiから落としていかないと抜けない・・・もっとTenguそろえようぜ皆


2戦目 日曜日だしNullsecでPVPやろうぜ Stainwagon VS初見御一行様
204 Ships killed (15.45B ISK) 29 Ships lost (2.85B ISK) 84.44% Efficiency (ISK)
http://runs.eve-kill.net/?a=kill_related&kll_id=19996666

どこの御一行様だろ・・・Tengu大活躍!というよりDoDのTyphoon Fleetやばすぎ。



 

Stain Wagon vs Providence Block in ERVK-P

Catchリージョンに展開していたINITが撤退して、外からみると平和にみえるかもしれませんが、火種がいくらでも転がってるのがCatchリージョンの宿命のようです。
HDE


私達が生活しているCatchリージョンはNullsecとHighsecが直接つながってる珍しいリージョンな上に、Providence,Stain,Curse,Immensea,Tenerifis,Impassの各リージョンとつながっており、Nullsec南部のハブとなっています。しょっちゅう領土とは無関係のPVP Fleetがローミングに来るので遊ぶには事欠かない感じです。

そんな中でCatchリージョンの火種の一つ、北Catchと呼ばれる地域でCVAとの戦闘が起こりました、実はこの北Catchと呼ばれるエリアは彼らの本拠地ProvidenceリージョンのハブエリアでJump Blidgeを使わないとかなり移動が面倒になります、そのためこの北Catchエリアは昔から.-A-.とCVAの間で紛争地帯になっています。

Catchリージョン(上側が北Catch)
http://evemaps.dotlan.net/map/Catch

Providenceリージョン(Catchが中央ハブ化している)
http://evemaps.dotlan.net/map/Providence

実は日本人にもご縁のある土地で、JADSという日本人コープがSylph Allianceというアライアンスで領土を維持していたり、アウトポストを初めて立てるなど、過去にドラマのあるエリアだったそうです(元JADS所属のRUNS社員情報)

今回のStain Wagon vs Providence Blockでは大きな戦闘が2回起こりました、幸い両方に参加できたのでレポートです。

一戦目:Stain Wagon (ROKH) vs Providence Block(Armageddon+Domini)+Black Legion(Muninn)
Black LegionがMuninnで遊びにきてました、相手のFCことElo Night(Vulture)が即死した時はちょっと笑いました。

戦績 181 kill 31 loss 




2戦目:Stain Wagon (Railgun Tengu+ROKH)  VS  Providence Block(Rokh)+BlackLegion(Tornade)
多分史上初、Railgun Tengu FleetがCTAに登場です、新しい試みに興味津々です、私も早く用意しないと・・・


戦績 313 kill 23 loss


関係記事

http://themittani.com/news/war-catch

http://evenews24.com/2013/09/15/flight-of-the-railgus/

※用語説明

CVA:Curatores Veritatis Alliance、Providence Blockコアリションの中心アライアンスでNRDS:No Red Don't Shootと呼ばれるNullsecでは特殊なルールでProvidenceリージョンをまとめているEVE開始頃から存在する最古アライアンスの一つ。

Providence Block:CVAを中心としたNRDSに賛同する、Providenceリージョンで生活しているアライアンスの集合体、大小様々なところが参加している。








Stainwagon vs N3 Coalition in H5N-V7

stain vs N3
2013年の9月7日にScalding Passリージョンで私達の所属しているStainwagonとJPアライアンスのカラドリウスさんが所属しているN3 Coalitionの戦闘がありました。紫のアイコンが私達StainWagon、色なしがカラドリウスさん含むN3です。



■戦闘結果
http://runs.eve-kill.net/?a=kill_related&kll_id=19539688

RUNSのメンバーはBlack OpsでのDrop Fleetに参加して獲物を探していた最中にCTA召集がありそのまま参加、参加した時すでにタイタンからのJBが開くところで相当慌ててた感じです。

現地についてみると、まさかのScalding Passじゃないですか、私達RUNSが昔所属していたIMP-Lというアライアンス時代のホームリージョンでした。懐かしさを覚えつつI-HUBを撃っていたS2NのCapital Fleetを捕まえていたのでshoot shoot shoot この動画の撮影者はUnclaimed時代からの付き合いで今でもよく交流があるプレイヤーなんですが、先日S2N側に空母をやられたばかりなので、ここぞとばかりに私怨を晴らしたようです(笑)
沈めたDNのプレイヤーの所属も元IMP-Lの人だったりと、色々Nullsec生活が長いといろんなつながりがでてきて感慨深いですね。

DNを撃っているとCyno Open、敵側の増援が到着です、私は途中まで全然気づかなかったのですが、カラドリウスアライアンスさんのNaga Sniper Fleetが来てました、私は何人か参加してる程度だと思ってたんですがKillBoard見直してびっくり、Nagaは全部カラドリウスアライアンスさん達だったんですね、あの動員数は羨ましい限りです、CorpとALIで参加人数比較してもしょうがないんですが・・・

戦闘の流れとしてはI-HUBを撃っていたS2NのDNと護衛空母が合計10機程度最初から現場にいて、こちら側の強襲に対してN3側はSniper Naga+Zealotを基軸としたサブキャップFleetが70機と追加空母+15機の編成でした。

空母はSlowCatと呼ばれるCentryドローンを主体とした装備で流行りの編成です。正直Sniper Zealotはいまどきイケてない気がしました・・・流石に空母20機相手にした時は、結構厳しいかなあって思ってましたが、ここ数か月戦い続けてるStainWagonの練度はかなり上がっているのもあり、サブキャップFleetを各個撃破。最終的にはほぼ全滅させる形で終わりました。

後半はdictorのバブルが切れてしまい空母艦隊を取り逃しましたが、追い打ちも適格で逃げ損ねた3機の空母を落とすことが出来ました。

私達が活動している南部のNullsecエリアは大きな戦闘が終わったので中々こういうCTA戦が起きにくい環境になりつつあります、私はCTA好きなのでもっと参加したいんですけどね・・・


 

EFT-EVE Fitting Toolを使ってみよう!

EFT1
EVEMonを使ってみよう! Part2を書く前に、こっちのEFTことEVE Fitting Toolを紹介する羽目になりました。私はEFTとEVEMonをよく併用して使っています。

まずEFTの紹介ですが、PVP用、PVE用の船を事前にシミュレートすることができるツールです。わざわざゲーム内でモジュールを買ってつけてみて、ああ詰めないや・・・失敗。という状況が無くなります。

他にも、上位船の乗り換える想定でDominixからDominix Navy Issueに変えてみてどのくらい強くなるか等を検討することが出来ます。ファクションモジュールの費用対効果がどの位なのか、実はRattleSnakeのほうが強い?といった疑問を解決することが出来ます。

では導入してみましょう。

■Step1 EFTのダウンロード

下記サイトのEFT version 2.19.1 (Released: 13 June 2013)をダウンロードして解凍して「EFT.exe」を実行してください。インストール作業はありません。
https://forums.eveonline.com/default.aspx?g=posts&t=24359

Step2 EFTの設定

[File]-[Open Ship Browser...]をクリックします。
EFT2

今回はNullsecのCTAで利用されているRokhのFitを作ってみます。
※今回はUnclaimedやASHに参加していた時のFitです。

船の種類のツリーを展開しながら「Rokh」を選択して「OK」を選択します、新しいプランを作るか確認ダイアログが表示されるので「Yes」をクリックします、新しいプランの名前を決めるダイアログが表示されるので、適当な名前で「OK」をクリックします。
EFT3


そのままでは使いにくいので[view]-[Fitting Panel]をクリックしてmod一覧を表示させます。ここから必要なモジュールを選択してFitを組み立てていきます。

EFTは結構便利で、各社が所有しているKillboard等からEFT用のリストをコピーしてきてEFT上でペーストすると自動的にFitをインポートしてくれます。今回も過去のLossログから適当なのを引っ張って修正しました。
EFT4

Fitを組み終わったら右側の数値群を見てください、DPSやPG,CPUなどがわかります。しかし現在はSkill Lvがない状態なので、EVEMonで作成したAPIキーから自分のキャラクターの所持スキルを反映させます。

[View]-[Character Editor]をクリックします、Character Editorが起動するので「Create New Character」のアイコンをクリックし、キャラクター名を入力して「OK」をクリックした後、「API Skill Import」をクリックします。
EFT5

API Skill Importダイアログが表示されるので、EVEMonを使ってみよう! Part1の■Step2-6で作成したAPIキーを入力して再度「API Skill Import」をクリックするとキャラクターのスキル情報が反映されます。
EFT6

CharacterのPullダウンBOXから自分のキャラクター名をセットします。ここまでやって初めてEFTがまともに使えますね、初期設定がやはり面倒ですがAPIキーは前回作成したものを流用したので少しは楽ですね。
EFT7

ここからは少しEFTを見やすくしましょう。[File]-[Preferences...]をクリックしてプリファレンスダイアログを表示させ、「Show Slot Groups」と「Price Update rate」を[7Days]にセットし「Disable Connection notification」にチェックをいれるとEFTのメイン画面のほうにFittingの金額が反映されます。
EFT8

Low-Mid-Highのslot構成情報と右下に価格が反映されました、この価格はあくまで参考レベルで考えてください。他にもヒートできる時間、Squad Commanderボーナスを反映させた値、薬を飲んだ時のパラメータの変化等便利な機能がたくさんついていますが、自分でいじってみてください。
EFT9

※EFTは大規模アップデートの度に何度もUpdateを繰り返しているので、何か変更がはいったらバージョンを確認してみてください、最新版をダウンロードして解凍したら旧バージョンのフォルダ内から「Characters」と「Setup」フォルダをコピー&ペーストすると最新版にキャラクター設定とFitting情報が反映されます。
RUNS Twitter